脳科学

前頭葉をレベルアップする脳科学



これから、ニューヨークのブルックリンに行ってきます。ある仕事のために行くのですが、どんなものかは、また後日公開しますね!

今日は私が海外に行ったときに気づいた、「前頭葉のレベルを上げる方法」という話をします。脳には前頭葉という部位があります。頭の前の方にあり、目やおでこの裏の部分にある脳の部位です。この前頭葉は、思考や判断など、ものごとの認識を司っています。

新しいゴールや、ゴール達成方法は、自分が認識できていない、盲点になっている部分にあります。努力しているのに、現実が変わっていかないとしたら、自分が認識できる範囲内しか見えていないからです。これが見えるようになればいいのですが、そのためには前頭葉の認識レベルを上げる必要があります。

前頭葉の脳科学

まず、前頭葉について少し解説していきますね。脳の中の司令塔のような役割をしています。考えたり、計画を立てたり、モチベーションを出したり、いろんな情報を統合するのが前頭葉の働きです。

人間は、この部位が非常に発達しています。脳科学辞典の前頭前野(前頭葉)のページを参考に見ていきましょう。脳の中で占める割合が、「ネコで3.5%、イヌで7%、サルで11.5%、チンパンジーで17%であるのに対し、ヒトでは29%」となっています。

この前頭葉のおかげで、人間は他の動物よりも複雑な思考をしたり、遠い未来の計画まで立てることができるのです。

前頭葉が傷ついたり、切り取ったりするとやる気がなくなる、推理や計画ができない、集中力がなくなる、などの人格の変化が起こります。昔行われていた「ロボトミー」という、前頭葉を切り取る手術をされた人は、人格が変わってしまい、この悪影響が問題になって、ロボトミーは行われなくなりました。

また、料理を作るなどの、複雑な思考ができなくなります。料理は、同時に処理したり、計画を立てたり、推理をしたりというかなりレベルの高い行動です。こうしたことが、前頭葉が傷つくとできなくなります。

前頭葉の「認識レベル」とは

このように、前頭葉は思考や、認識を扱っているのです。自分が認識できる範囲を広げるためには、今よりも高いレベルの思考や認識をできるようになる必要があります。

認識のレベルというと、偉そうですが誰でもできることです。認識のレベルとは、情報空間での視点の高さのことを言います。情報空間というのは、目で見たり、手で触ったりできない、言葉や概念などの世界のことです。

情報空間で視点を高くするというのは、こういうことです。たとえば、ネズミは、情報的に視点を上げると、哺乳類です。もっと上げれば、四足動物です。こういう風に、レベルを上げていけばいいわけです。

もっと厳密に言うと、「情報量を減らす」ということです。「ネズミのチュー太」がいたとしましょう。チュー太は、ネズミの中の1匹ですね。ここから、情報量を減らしてみます。チュー太という名前をなくしてみましょう。すると、「ネズミ」になります。

また「ネズミ」は、哺乳類の中のネズミです。では、ネズミという情報を取ってしまいましょう。すると、「哺乳類」となります。このように情報を減らしていくと、どんどん視点が上がっていくことがわかるでしょう。

前頭葉のレベルが上がった瞬間

以前、ニューヨークに行って日本に帰ってきた時のことです。空港からバスに乗り換えて、JRに乗り換えた時のことです。電車に乗った瞬間に、中吊り広告とかちかちかするモニターの動画が目に飛び込んできました。

その時に、パーンと視点が一個上がったことに気がつきました。具体的には、日本は東アジア文化圏にあることに気づいたのです。もちろん、知識としては「知っていた」のですがもっとはっきりと「つながった!」という感じです。

たとえば、芸能人の髪型とか、流行る顔とか化粧の感じ、デザインなどが、中国、朝鮮と同じノリだなと、はっきりわかりました。みなさんも、人気のタレントなどを見比べてみたらわかると思います。

東アジアで流行っているようなスタイルは、欧米圏ではほとんど見られません。日本のアイドルとか韓流アイドルみたいなスタイルの人がニューヨークにいると、浮いてしまうと思います。

視点を上げればひとくくりにできる

日本にいると、「いや、中国と朝鮮と日本は全然違うよ」と思う人もいるかも知れません。こういうことを言うと怒り出す人もいます。ですが、同じ文化であることは間違いないと私は感じました。




ページ:

1

2

関連記事

  1. 脳科学

    中学生でもできる「世界視点の作り方」とは

    今日は、「中学生でもできる世界視点の作り方」をお話します。秘密は「社会…

  2. 脳科学

    ご飯を食べるたびに頭が良くなる、「抽象思考のトレーニング」

    あなたはご飯を食べるとき、何してますか?スマホをいじったり、テレビをみ…

  3. 脳科学

    ゴール達成を早くする「スコトーマ」利用法

    ゴールは抽象度が高いので、漠然としていて、行動を起こしにくいと…

  4. 脳科学

    快楽を覚えさせ、脳を「ゴール達成に焚き付ける」方法

    ゴールに向かって無意識を焚き付ける「プライミング」についてお話します。…

  5. 脳科学

    「HUNTER×HUNTER」で学ぶ「現状の外側」

    コーチングに、「現状の外側」という概念があります。これは、「現状とは違…

  6. 脳科学

    いいこと日記の書き方と効果〜幸せ体質になろう〜

    あの人は何だかいつも幸せそう・・・・・・いつも楽しそうにしている「幸せ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスプラン

    単価を上げて稼ぐ
  2. マインド

    情報空間のパターンから抜けだす
  3. マーケティング

    Googleを味方につけて稼ぐ
  4. コラム

    閉塞感を打ち破る方法、危機への対処
  5. お金

    何を投資したら稼げるのか
PAGE TOP