目標設定

「目的」が達成できれば「勉強」も「努力」も不要



僕が通っていた中学校では、「勉強時間」を自己申告していました。詳細はよく覚えていないのですが、成績に反映されていたように思います。僕はこのプリントが好きではありませんでした。そんなにたくさん勉強できなかったからです。

テストで良い点を取るのは難しくありません。そのため、どうしても勉強時間を伸ばすことができませんでした。ある程度頑張って時間を稼ぎましたが、限界があります笑。常にテストの点数が1位だったので、それ以上勉強する気が起きなかったのです。

僕はこのような「コスト」で評価するシステムとか、考え方はやめたほうがいいと思います。なぜ勉強ができる人よりも、勉強をたくさんする人のほうが評価されるのでしょうか?

料理で言えば、おいしい料理を安く短時間で作る人より、たくさん費用と時間をかけてまずい料理を作る人が評価されるようなものです。

大事なのは目的です。

・何時間勉強しようが

・何年苦労しようが

・何億費用をかけようが




ページ:

1

2

関連記事

  1. 目標設定

    目標への努力が報われないのは無意識が原因

    ゴールや目標は努力だけではなかなか達成できません。続かなかったり、少し…

  2. 目標設定

    「はるか彼方」をイメージして抽象度を上げる

    こんばんは、石切山です。はるか彼方について想像してみましょう。…

  3. 目標設定

    ゴールを「最短距離で達成する」ための「感情コントロール法」

    嫌な感情やネガティブな感情をコントロールする方法をお教えします。…

  4. 目標設定

    「努力不要」で「劇的に変化」する方法

    ゴール設定をしたのに、現実が変化していかない、と思っていませか…

  5. 目標設定

    コンフォートゾーンを設定し目標やゴールを実現する方法

    目標設定やゴール設定をしたら、そのままにしてはいけません。今度はそれを…

  6. 目標設定

    「お金をかけずに」やりたいことをやる方法

    「やりたいことのためにはお金が必要」「お金があればやりたいことがで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. 目標設定

    都合がいいことが次々起こる「時間の考え方」
  2. コーチング

    コーチングセッションの仕方【基本編】
  3. マーケティング

    集客を学んでも稼げないのはなぜか
  4. コーチング

    やりたくないことを一切やめる具体的方法
  5. コーチング

    無気力を抜け出すセルフコーチング5つの方法
PAGE TOP